スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
「A Year In Provence」
2010 / 05 / 31 ( Mon )

大好きはエッセイ本、「南仏プロバンスの12ヶ月」。
この本を読んでプロバンスに憧れ、本読んでから10年後くらいかな?実際にプロバンスを訪れる機会があり、とてもとても感動したことを覚えています。
けれど、とても交通の便の悪い地方のため、短いパッケージツアーで行ったから、この本に出てくる街で訪れることができたのはエクサンプロバンスくらい。
またゆっくり行かれるとよいけど、老後の楽しみかしらねぇ。

久しぶりに読んだこの本、30年くらい前の本だから古いところもあるけれど、やはり面白かった!

ちなみにこの原書は、確かパリだかニースだかで買ったものでとても大切なもの。
翻訳は、シリーズの中で翻訳者の方が途中変わったように記憶しているけれど、どちらの方もすごく雰囲気がでていて良かった!

この本は、フランス(プロバンス)での暮らしがいかにも素晴らしいかを綴ったエッセイだけど、ほかのかたが書いた対抗作のようなエッセイで、フランスでの暮らしがいかに耐えがたいかを綴ったものもあるのよね(読んでないけど)。
「南仏~」の方でも、その大変さを綴った箇所もあるし、要は、そんな状況も楽しんじゃおう!という著者の姿勢が受けたのだと思う!
スポンサーサイト

テーマ:トイ・プードル - ジャンル:ペット

19 : 24 : 38 | Que Sera Sera Diary | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<チバデバラ | ホーム | 「遥かなる水の音」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://queserasera1226.blog25.fc2.com/tb.php/664-18b088e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。