スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
キャンのシニアライフ♪2
2012 / 07 / 03 ( Tue )
20120627_31.jpg


記録代わりのロングトークなので、興味なければスルーしてね~。




病院でキャンの心臓の症状のことを告げられた後、

7歳くらいから、わんこドックとか受けておけばよかったのかな。。。
なんて思ってしまったし、
何よりも、やはりわたしが歯のケアをできていなかったことが、症状の悪化につながってしまったのかもしれない、
と後悔した。

でも、後悔したって症状を戻すことはできないのだから、後悔は今後スーちゃんの健康管理に生かすことにしよう!
今後は、キャンの症状の進行を少しでも遅らせるためのケアについての情報収集などをがんばろう!
と決めた。

いろいろ相談に乗ってくれたり、話を聞いてくれたお友達のみなさま、ありがとね~!


=========
そして、1週間後の再検査。
聴診の結果、やはり逆流音が聞こえるので、今後も継続して薬を飲ませたほうがよいといわれた。
毎日飲ませないといけないのですか、と聞いたところ、状態を安定させるためには毎日の服用が望ましいとのこと。
(飲ませないと即症状が悪化する、というわけではありません)
また、昨年歯の治療をした際撮影した胸部レントゲンを、歯のほうをお願いした先生のご好意でいただくことができ、そのレントゲンも見ていただいて、この段階(8ヶ月ほど前)では心臓も肥大していないとのこと。

で、エコーなどはとらないのですが?と聞いてみたところ、先週もとったのだけれど、せっかくだから見てもらいましょうか~とその場でエコーをとってくれました(キャンたん、ごめんよ。とばっちり)。
ここがわずかに逆流しているところですよ~と教えてもらいました。
エコーから心臓の収縮率というものもわかり、収縮しなくなるとよくないそうですが今のところ問題ないとのこと。
(5/22の心臓収縮率:0.56)

聴診もさせてもらったけれど、僧帽弁不全特有の心雑音(逆流音)はよくわかりませんでした。
(書き忘れましたが、僧帽弁閉鎖不全特有の心雑音は、正常な心音がどっくん、どっくん、と聞こえるのに対し、ざざっという逆流音がわずかに聞こえるのだそう。どっざっざ、どっざっざ、というかんじ)

今後は一月に一度程度経過観察していくことに。

そうそう、前回の診察時、一応心臓病用のドライフードのサンプルを頂いたのですが、先生も「でもお宅はいろいろご飯も工夫されているからね~(食べさせても食べさせなくてもどっちでもよい)」と言われていました。
とりあえず、キャンが食べるかどうかちょっとだけあげてはみたのですが(もちろん食べたよ)、やはり酸化防止剤が含まれていることを考えるとちょっと抵抗があるな~と思って当面はあげないことにしました。
先生にもその旨お伝えして、その代わりに何かサプリなど上げたほうがよいですか?と聞いたところ、心臓病のフードは特別なサプリなどがあるわけではなく、単に塩分が少ない仕様になっているとのことでした。
そんなわけなので、今後もごはんは今のままの予定。


内臓関連の症状なので、できればかかりつけの獣医さんにずっと見ていただきたいと思う一方、
特に心臓を専門とする獣医さんにセカンドオピニオンを仰いだほうがよいのかな、とも思っていました。
が、(突然に告げられてしまった前回とは違い)今回はオットも同行してくれて、一緒に説明も聞いてくれて、先生の説明や検査がとてもわかりやすく納得できたので、当面はセカンドオピニオンは受けないことにしました。
(症状が進んだらまた考えますが。)


========
1ヵ月後に再度検査したところ、症状も進んではいないので、今後は3~半年に1度程度検査して様子を見ることになりました。
6/30の心臓収縮率:0.65.

ところで服用しているこの薬、血管拡張剤なのだけれど、人間だと降圧剤に使われるものとのこと。
血圧が正常のキャンが服用することで若干低血圧になるそうで、最初の数日元気がなく見える場合もあるらしいが(ネット出典)、キャンはあいにく同じ日にワクチンも打ってしまっているので、ちょっと元気がなかったがどちらの影響かはわからなかった。
ただ、起きぬけとか、夜中にトイレに起きたときにちょっとふらつくことが今でもあるので、もしかしたらこの薬の影響があるのかもしれない。
薬は毎日飲ませたほうがよいみたいなので、分量を減らしたりはできないかなぁ。と思いましたが、病院で相談した結果、服用量が決まっており、それにより効果が24時間持続する、ということなので、やはり規定の量を飲ませないと効果がでないのでは。。。とのこと。


========
20120627_33.jpg
毎日薬を飲ませなければならないのだけれど、ごはんもオットがあげたりわたしがあげたり。。。だし、忘れたりわかんなくなったりしないように、とりあえず100均のピルケースに一日分ずついれて管理しています。
人間用も含めて、毎日欠かさずお薬を飲む場合はみんなどうしてるのかな~?
もうちょっとかわいいピルケースにできるといいんだけれど。


========
あと、病院では特にサプリは不要と言われたのだけれど、以前からサプリを何種類か混ぜているので、スーちゃん実家のママに相談したら、すぐに抗酸化サプリ送ってくださいました。これで少しでもアンチエイジングできるとよいのですが!
また、本によってはコエンザイムQ10がよいと書かれたものもあり、しかも、キャンの気になる症状(目と歯)の項目にもよいとあるではありませんか!
なのでちょっとあげてみようかなーと思っています。

========
これを機に、キャンのQuality of Lifeについてもちょっと考えちゃった。
今後症状が進んだときには、キャンがストレスなくすごせて、病気の進行を抑えるさじ加減について、私たちが決めてあげないといけないのよね。。。
10歳です、というと若いね~と言われるキャンだけれど、もちろん年は取ってきていて、若いころはできたことができなくなったりしています。
過度に甘やかすことなく、でも、少しでも快適に過ごせるように、試行錯誤しつついろいろ工夫したりしています。

な~んて、またまた大げさに書いてしまいましたが、薬と生活でコントロールすれば十分寿命まで生きられる病気ですし、シニアといえどもまだまだ元気なミドルエイジをちょっと出たくらいですので、のんびり気長に付き合っていこうと思います♪

と、今回の症状発見のきっかけとなったワクチンのほうは、事前の抗アレルギー注射と、種類を少なくしたおかげか、前回、前々回のような症状はまったく出ませんでした。よかった!
あ、あと、4月のフィラリアのときは3.25kgだった体重が、また3.1kgに減ってしまった。
またご飯考えないとね~。
スポンサーサイト

テーマ:トイ・プードル - ジャンル:ペット

09 : 47 : 49 | Que Sera Sera Diary | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<スージィのバースデイケーキ♪ | ホーム | キャンのシニアライフ☆>>
コメント
----

キャンちゃんの心臓の記事、じっくりと読ませていただきました
ちょっと難しい部分もあって、正しく理解が出来ているかは微妙なんだけど・・・
ノアは去勢の術前検査で、他の子より左心室がちょっと肥大気味と言われました
アジリティーを始める前には、心エコーもしていただき大丈夫のお墨付きをいただきました
それでも毎年の検診には、神経質になってしまっています
半年に一回の検診でも、人の月日に比べると間隔は長いんだと思うので、ちょっと心配なところもあるのですが・・
咳・・・これも時々あったりするんで気にはかけているんですが・・・
病院では、心臓のお薬を毎日飲んでいる子を時々見ます
そして、どうしても止めれないんだとも聞きました

これからキャンちゃんが快適に暮らしていけるように、色々と工夫してあげてください
by: ノアママ * 2012/07/03 10:18 * URL [ 編集 ] | page top
-->ノアママさま♪--

長~い記事を読んでくださってありがとう~!
書き方もわかりにくいし、読みにくかったですよね。
ノアくん心エコーもしてお墨付きいただいているのですね、よかったですね!
でも、大丈夫とはわかっていても検査はどきどきですよね~。
検査も間隔長すぎるもの心配な反面、病院が嫌いなので頻繁にやるのもかわいそうだし、悩むところです。

心臓にお薬について、やめられないという話は聞きますよね。
わたしは、やめられないという説明は受けていませんが、やはり毎日飲み続けるのが望ましいといわれています。

まだまだ元気なので、母がたくさん勉強していろいろ考えないとですね!
またいろいろ教えてください!
by: みちこ * 2012/07/06 21:51 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://queserasera1226.blog25.fc2.com/tb.php/1076-4ebf25cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。